23760円 DIXCEL ディクセル ブレーキローター SDタイプ SD2057834S リア 【NF店】 車用品・バイク用品 バイク用品 パーツ ブレーキ ディスクローター DIXCEL ディクセル ブレーキローター 超激安特価 SDタイプ SD2057834S NF店 リア DIXCEL ディクセル ブレーキローター 超激安特価 SDタイプ SD2057834S NF店 リア 23760円 DIXCEL ディクセル ブレーキローター SDタイプ SD2057834S リア 【NF店】 車用品・バイク用品 バイク用品 パーツ ブレーキ ディスクローター 23760円,SD2057834S,momomedia.es,ディクセル,リア,ブレーキローター,車用品・バイク用品 , バイク用品 , パーツ , ブレーキ , ディスクローター,DIXCEL,【NF店】,SDタイプ,/crossbill1749140.html 23760円,SD2057834S,momomedia.es,ディクセル,リア,ブレーキローター,車用品・バイク用品 , バイク用品 , パーツ , ブレーキ , ディスクローター,DIXCEL,【NF店】,SDタイプ,/crossbill1749140.html

安心の実績 高価 買取 強化中 DIXCEL ディクセル ブレーキローター 超激安特価 SDタイプ SD2057834S NF店 リア

DIXCEL ディクセル ブレーキローター SDタイプ SD2057834S リア 【NF店】

23760円

DIXCEL ディクセル ブレーキローター SDタイプ SD2057834S リア 【NF店】


DIXCEL ディクセル ディスクローター SDタイプ

プラス20%の制動力がもたらす安全性!

・各種シミュレーションテストではPDタイプに比べ、摩擦係数が最大20%アップ!
・20%の制動性能の向上により、車輌の安全性が向上! ゆとりのあるドライビングが可能に!
・スリット本数は鳴き、摩耗、ガスの除去効果など様々な事案を考慮し、6本に決定!
・スリットの幅、角度、深さなどは実戦データから最適な数値をチョイス
・回転方向はより高いシェービング効果が得られるようリバース回転(逆回転)を採用
・スリット位置をアウター/インナーでオフセットすることによりジャダーの抑制に成功

品番:SD2057834S

DIXCEL ディクセル ブレーキローター SDタイプ SD2057834S リア 【NF店】

ニュースリリース

新型コロナウイルス対策ITソリューション

新型コロナウイルス感染症拡大は、社会・経済活動に大きな影響を与え、これまで以上に業務や働き方等を見直し、安心・安全に事業を継続していくことが求められています。

SCSKグループは、これまでに培ったノウハウや様々なITソリューションをご提供し、お客様をご支援してまいります。

どこでもwork

いつでもどこでも働ける時代が急速に進むなか、「効率よく、迅速に、セキュリティ対策を考慮した」サービスをご紹介します。

業務の自動化・効率化

人の移動が制限されるなか、日々の業務において「人手に頼らない」自動化や、「生産性向上を目的とした」効率化を実現するサービスをご紹介します。

業務プロセスの見直し・
デジタル化

リモートワーク環境で安心して利用できる会計・人事給与・経費・勤怠管理のクラウドサービス(SaaS)をご紹介します。

サーバのリモート運用化

これまでの業務の進め方の変更を余儀なくされるなか、お客様の業務を「止めない」サービスをご紹介します。

顧客接点の高度化

これまでの消費行動の常識が変わるなか、お客様にとって、その先の顧客との「コミュニケーションの価値を高める」サービスをご紹介します。

SCSKのDXへの取り組みについて

当社DX事業のコンセプトムービー
~ 2030年 共創ITカンパニーを目指して ~

デジタルテクノロジーの進展に伴い、各企業においては、事業変革に向けた「攻めのIT」への対応が非常に重要な課題となっております。
また、「守りのIT」(既存システムの改善等)への対応も必須となる中、やることが山積みとなっているのが現状かと思います。

SCSKは、長年にわたりお客さまに寄り添い、「守りのIT」を支え続けてきた経験や、「攻めのIT」に必要な、豊富な先進ソリューション
とグローバルでのDX事業創出の知見や実績に強みがあります。

これらを駆使し、「Co-DX Partner SCSK」として、これからも、そしてどこまでも、お客さまと共にデジタルトランスフォーメーションに挑み続けます。

お客様事例

製品・サービス

PickUP ソリューション

豊富な経験とノウハウを活かしたITソリューションでSCSKは、企業価値の持続的な創造と向上に貢献します。

イベント・セミナー

アフターレポート